どせいさんの会

とおあまりいち


last up date 18 Mar. 2012

ここはミナイによる小説サイト予定地です

about   ブログ


ここはどこだ?
廃墟マニアが喜びそうな、砂と、石壁。
「押されたんですよ」
諦めの乗った声が背中側から聞こえた。
「あなたは押されたんです」
窓の形にあいた壁の向こうには、おそらくはここと似た造りだろう四角い建物と、砂漠。
見渡せるだけの高さはあるらしい。
声の主は宙に名刺を表示させた。
名前は読めない。
プロジェクトD担当。
「本来あるはずの未来を忌避したものが、干渉を行ったのです」
石と砂。
生命めいたものは、ほかに何もない。
「結果、あなたはいないことになった」
名刺がラスターに変わって、溶けるように消えた。
足もとから小さな浮遊感とともに、体が砂へと変わっていく。
なぜか恐怖はない。
現実感が乏しいからだろうか。
夢ではないと、どこかで確信に似た感覚も同時にある。
しかし、もはや逃げることはかなうまい。
足はすでにない。
手も半ば溶けた。
「見届けるのが、わたくしの任務ですので、
しばしご一緒いたします」
確実に消えてなくなるのを待つというわけか。
足だっただろう砂は、もう床の上にない。
奇妙に落ち着いているのは、痛みがないからだろうか。
「しばしと言ったが」
「はい」
「最長でどのくらいだ」
あまり長いのも退屈だ。
しかし、返答はなかった。
この状態から「押し返す」ことができるものがあるのかもしれない。
そのほうが妥当と判断された場合は、また別の干渉があるのかもしれない。
ほぼ消えた身としては、大した問題ではなかろうが。

「任務、完了しました」
報告を終えた担当者は、砂となって風と共に窓の外へと消えた。





あんまりかっこつけても、ぼろが出るのがわかりきっているので
緩いペースでぼちぼち更新します。
しばらくは予定地運営です。更新すると以前のものは読めなくなります。
よろしくお願いいたします。

(c)ミナイ Minai  All rights reserved.